word

タイ語を勉強するにあたって必ず必要になってくるのは語彙力です。

単語帳1冊を丸々覚えることができれば、日常会話はもちろん、ニュースの内容も1、2割程度はわかるようになります。

私が最初の段階で購入した単語帳はこちらになります。

 

私が学習した日常基本単語集

タイ語の日常基本単語集―暮らしと仕事に役立つ

アマゾンなどでも中古で売られていますが、どうやら新品はないんですかね。

しかし、最近これに変わってよさげな単語集を発見しました。

 

現在おすすめの日常単語帳


パッと使える タイ語の日常単語帳4500

上記の単語集と比べると内容が多くなっており、より細かい単語まで調べることができます。日常会話で使う挨拶やフレーズ、生活でよく使う単語、仕事で使う単語、政治や法律関係のタイ語など、シチュエーション別に分かれていて見やすいです。

上記の日常基本単語集も同じようにジャンルで分かれていますが、その細かいバージョンと言ったところでしょうか?当然ですが、私の知らない単語もたくさんあり、まだまだ勉強が足りないなと実感しています。もちろん雑誌や新聞を読んで生の新出タイ語を覚えるのも重要ですが、これだけは押さえておいて当然、という単語が詰まっているため、これも併せて利用したいものです。

 

それもいいね sore mo iine ⇒ コー ディー ムアンガン ก็ดีเหมือนกัน (kɔ̂ɔ dii mɯ̌an kan)

という感じで、当サイトと同じようにタイ語と日本語読みだけでなく、アルファベットの発音記号も記載されています。さらに、日本語読みの上に発音記号がついているため、アルファベットの発音記号に慣れていないタイ語初心者の方にもお勧めです。また、絶対に覚えておいたほうがいい単語、頻出単語にそれぞれ★マークがついており、どれを最優先に覚えるべきなのかもわかりますし、発音記号からタイ語を調べることもできるため、何となくタイ人が喋っている単語を見つけることができます。

タイ語初級~中級以上の方にお勧めです。

単語集選びの注意点

人によって学習方法は異なるかと思いますが、超基本単語からちょっと難し気なタイ語まで載っているのが単語帳のいいところですね。ただ、掲載されている語彙数が多ければよいというわけではありません。単語量が多すぎると、それだけジャンル別にまとめるのが難しくなりますので、結果的に記憶に定着しにくかったりします。

上記の単語帳をすべて覚えて、さらにプラスで覚えたいという方であれば、知らない単語を確認するために購入するのもよいかもしれません。ただ、そのレベルになると単語集よりも辞書のほうがいい気もします。

その他のお薦めタイ語学習本

タイ語勉強におすすめのタイ語学習教材トップへ
 

こんな記事も読まれてます



Share on Facebook1Tweet about this on TwitterEmail this to someonePrint this pagePin on Pinterest0Share on Google+0