paipaimama

覚えれば表現力アップ!動詞が続く二重動詞の基本

英語を勉強したことがある方は、

動詞の原型が2つ連続で使われると違和感を覚えます。

しかし、タイ語で動詞が2つ以上連続でくっついているのは普通のことです。


二重動詞の例

パイ スーไปซื้อ(pai sɯ́ɯ)  ⇒ 買いに行く

「行く」のไปパイと「買う」のซื้อスーが連続している。

 

パイドゥーไปดู(pai duu) ⇒ 見に行く

「行く」のไปパイと「見る」のดูドゥーが連続している。

 

パーパイพาไป(pʰaa pai) ⇒ 連れていく

「連れる」のพาパーと「行く」のไปパイが連続している。

 

ไปกินมาパイキンマー(pai kin maa) ⇒ 食べに行ってきた

「行く」のไปパイと「食べる」のกินキンと「来る」のมาマーが連続している。

 

行為を行う順番で動詞を並べる

動詞が連続すると、どのように訳せばいいのか混乱することもあるでしょう。

しかし、単純に動作の順番に動詞を並べるだけなので簡単です。

 

パイ スー ไปซื้อ  ⇒ 買いに行く

スー パイ ซื้อไป  ⇒ 買って行く

日本語を見ると両方とも「買う」が先、「行く」が後ろに来ていますが、

タイ語を見ると「買う」と「行く」の語順が逆になっています。

 

ไปซื้อパイスーの表現

パイが先に来ていますので、まずは「行く」という動作から行います。

行ってから「買う」動作を行います。

行ってから買い物をする ⇒ 買いに行く ⇒ パイスー

私は薬を買いに行きます ⇒ チャン ジャ パイ スー ヤー
ฉันจะไปซื้อยา(cʰǎn càʔ pai sɯ́ɯ yaa)

 

ซื้อไปスーパイの表現

こちらはスーが先に来ていますので、最初に「買う」動作を行います。

何かを買ってから、「行く」という動作に移ります。

買ってから行く ⇒ 買って行く ⇒ スーパイ

私は薬を買って行きます ⇒ チャン ジャ スー ヤー パイ
ฉันจะซื้อยาไป(cʰǎn càʔ sɯ́ɯ yaa pai)

ヤー ยา(yaa) ⇒ 薬

 

ウィンパイとパイウィン

パイスーとスーパイがわかれば、これはもうわかるでしょう。

全く同じ原理で別の例です。

 

ウィンパイ วิ่งไป(wîŋ pai)  ⇒ 走っていく

パイウィン ไปวิ่ง (pai wîŋ) ⇒ 走りに行く

上は「走る」のウィンが先なので、走ってから行く⇒走っていく

下は「行く」が先なので、行ってから走る⇒(ジムに)走りに行く

ウィンวิ่ง(wîŋ) ⇒ 走る

Fitness

 

目的語が入る場合の注意点

私は薬を買って行きます ⇒ チャン ジャ スー ヤー パイ
ฉันจะซื้อยาไป(cʰǎn càʔ sɯ́ɯ yaa pai)

 

これを見て、動詞が連続するんだから

「スー パイ ヤー」じゃないの?と思った方もいるでしょう。

しかし、「買う」のすぐ後には、買うものである「薬」が来ます。

薬を買ってから行くわけですから、語順的にもおかしくないですね。

 

動詞が2つ続く表現をお伝えしているのですが、

「動詞と動詞の結合」と考えると間に単語を入れるのを忘れてしまうかもしれません。

「動詞とその関連表現」+「動詞とその関連表現」と考えればわかりやすいです。

 

それでは、「ジムに走りに行く」の語順はどうでしょうか?

パイ フィッ ネッ ウィン ไปฟิตเนสวิ่ง (pai fít neet wîŋ)

ジムに行ってから走るので、最初に「ジムに行く」が来るわけです。

フィッ ネッ ฟิตเนส(fít neet) ⇒ フィットネス


パイマーไปมาで「行ってきた」という過去形

動詞が続くついでに、過去形の表現も覚えておきましょう。

当サイトでもよく登場する「行く」の「パイ」と「来る」の「マー」で過去形を作れます。

 

ご飯を食べに行ってきた ⇒ パイ キン カーオ マー
ไปกินข้าวมา(pai kin kʰâaw maa)

 

「パイ」と「キン」と「マー」が連続しています。

直訳すると「行ってからご飯を食べて戻ってきた」となります。

つまり、ご飯を食べてきたということです。

 

経験の過去を表す{クーイเคย}と組み合わせることもできます。

日本に行ったことある? ⇒ クーイ パイ イープン マイ
เคยไปญี่ปุ่นไหม(kʰəəy pai yîi pùn mǎi)

行ってきたよー ⇒ パイ マー レーオ
ไปมาแล้ว(pai maa lɛ́ɛw)

【助動詞】経験の過去เคย クーイ~したことがある参照

gojapan

パイパイマーマ―ไปไปมามา

それでは、これはわかりますか?

直訳すると「行って行って来て来て」となりますね。

実はこれで「行ったり来たり」という表現になります。

 

行ったり来たり何してんの? ⇒ パイパイマーマータムアライ
ไปไปมามาทำอะไร(pai pai maa maa tʰam a rai)

 

逆の意味を持つ動詞をこのように組み合わせることで、

「~だったり~だったり」という表現を持つのです。

上がったり下がったり ⇒ クン クン ロン ロン
ขึ้นขึ้นลงลง (kʰɯ̂n kʰɯ̂n loŋ loŋ)
 

こんな記事も読まれてます



category wordlist
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterEmail this to someonePrint this pagePin on Pinterest0Share on Google+0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です