ルーรู้とルーチャックรู้จักとカオチャイเข้าใจを使い分ける

タイ語の勉強始めたばかりの方は、

{カオチャイ}{ルー}の違いが曖昧なのではないでしょうか?

 

また、タイ語をそこそこ勉強されている方の中にも

{ルー}{ルーチャック}の違いが、いまいちわからない方もいるでしょう。


カオチャイとルーの違いについて

この2つの違いは明白です。

カオチャイ เข้าใจ (kʰâo cai) ⇒ わかる、理解する

ルー รู้ (rúu) ⇒ 知っている

英語で言うところの、knowとunderstandですね。

 

カオチャイの「カオ」は「入る」、「チャイ」は「心」です。

心に入る ⇒ 理解する

となるわけです。

 

ルーとルーチャックの違いについて

どちらも同じ「知っている」という和訳を持ちます。

説明してよ、と言われてもパッと説明できない方は多いはずです。

 

ルー รู้(rúu) ⇒ 漠然と知っている

ルー チャック รู้จัก(rúu cɑ̀k) ⇒ よく知っている

簡単に説明するとこんな感じになります。

 

「知っている」のニュアンス

現在のタイの首相を知っていますか?の問いに対して、

ルー ⇒ 知っています(名前を知っている)

ルーチャック(カオ) ⇒ (彼のことを)知っています(知り合い)

 

こんな感じになります。

ルーチャックのすぐ後ろには、

自分が良く知っている、または体験している、

人物や場所、物事などが来ることが多いです。


プーケットのことを知っています

タイに興味がある方でプーケットを知らない方はいないでしょう。

日本語では、「プーケットのことを知っている」と一言で片づけられますが、

タイ語では、どの程度知っているのかでルーとルーチャックを使い分けます。

 

プーケットという島がタイにあるらしいという程度の知識の場合は{ルー}

1年住んでいて知り尽くしている場合は、{ルーチャック プーケット}

となるわけですね。

 

「~なら知ってるよ」の表現

これで{ルー}{ルーチャック}の違いがはっきりと分かったのではないでしょうか?

「よく知っている」の程度は人によって異なりますので、

そのあたりは何となくで使い分けてください。

しかし、あんまり{ルーチャック}ばかり使っていると、知ったかぶりと思われるかもしれませんが。。。

 

それでは、タイの首相知ってる?と聞かれて、

名前は知ってるよ、名前と年齢なら知ってるよ、といいたい時はどうするのでしょうか?

 

ルー テー + A  รู้แต่(rúu tɛ̀ɛ) ⇒ 知ってるけどAだけ

 名前なら知ってるよ ⇒ ルー テー チュー รู้แต่ชื่อ(rúu tɛ̀ɛ cʰɯ̂ɯ)

 

テーแต่(tɛ̀ɛ)は、英語で言うbut「しかし」を表す接続詞ですが、

{ルー}と合わせることでこのような意味を持つのです。

これを使えば、知ったかぶり疑惑もなくなるでしょう。
 

こんな記事も読まれてます



category wordlist
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterEmail this to someonePrint this pagePin on Pinterest0Share on Google+0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です