wedding

「~しようぜ」はなんていうの?~กันเถอะガントゥ~の使い方

友人や恋人といるときに、「~しようよ」「~しようぜ」という機会は多いでしょう。

「ご飯を食べに行こうぜ」「結婚しよう!」「別れましょう。。」などなど、

半分お誘い、半分命令みたいな表現です。


ガントゥ!กันเถอะでお誘い

タイ語で仲の良い友達を誘うときには、語尾に「ガントゥ」を付ければOKです。

ガン トゥกันเถอะ(kan tʰə̀ʔ) ⇒ ~しようぜ

ガンは、2つ以上のものが同じ動きをする際につける単語です。

 

助け合い(お互い) ⇒ チュワイ ガン ช่วยกัน (cʰûay kan

同じ(2つのものが) ⇒ ムアン ガン เหมือนกัน(mɯ̌an kan

 

「トゥ」は軽く命令口調で誘いたい時にガン」と一緒に使うことで、

「~しようぜ」という意味を持ちます。

 

行こうぜ ⇒ パイ ガン トゥ ไปกันเถอะ(pai kan tʰə̀ʔ)

飯食おうぜ ⇒ キン カーオ ガン トゥ กินข้าวกันเถอะ(kin kʰâaw kan tʰə̀ʔ)

 

単純に語尾に付けるだけなので文法上は簡単ですが、

「トゥ」の発音がかなり難しいです。。。

「トゥ」のようにも聞こえますし、「タッ」にも聞こえます。

「トゥ」寄りの「タッ」といったところでしょうか。

 

少し丁寧に誘う場合

ガントゥは軽い命令が含まれているため、目上に使うのは好ましくない感じがします。

それでは、目上の方を誘うときはどうすればよいのでしょうか?

 

行きましょうか? ⇒ パイ ガン マイ? ไปกันไหม (pai kan mǎi)

ごはんを食べましょうか? ⇒ キン カーオ ガン マイ? กินข้าวกันไหม (kin kʰâaw kan mǎi)



「トゥ」の部分を疑問の「マイ」に変えるだけです。

むしろ、「マイ」を「トゥ」に変えることで少し強めの誘い文句になると覚えましょう。

※「ガントゥ」が汚い表現というわけではなく、日常的によく使われます。

 

「トゥ」เถอะを使った表現

「ガントゥ」とセットで覚えるのが良いのですが、「トゥ」単体でも使うことができます。

行っていいよ。行ってよ ⇒ パイ トゥ ไปเถอะ(pai tʰə̀ʔ)

食べな。食べて ⇒ キン トゥ กินเถอะ(kin tʰə̀ʔ)

「一緒の動きをする」の「ガン」が抜けることで、単純に軽いお願いや命令の意味となります。

 

こちらも軽い命令の意味が含まれますので、目上の人には使わないほうがいいでしょう。

行っていいですよ ⇒ パイ ダーイ ナ ไปได้นะ(pai dâai náʔ)

食べてくださいね ⇒ キン ノーイ ナ กินหน่อยนะ (kin nɔ̀ɔy náʔ)

~してください ⇒ ノーイหน่อย(nɔ̀ɔy)

 

そもそも目上の人に「行っていいですよ」なんて言わないかもしれませんが、

「ガントゥ」に対してやわらかい表現といえるでしょう。
 

こんな記事も読まれてます



category wordlist
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterEmail this to someonePrint this pagePin on Pinterest0Share on Google+0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です