goodbye

タイ人は「さようなら」にラーゴーンを使わない?

タイでも、職場から先に帰るときや友達と別れるときなどには、

「さようなら」という言葉が使われます。

それでは、タイ語で「さようなら」は何と表現すればよいのでしょうか?


タイ語の「さようなら」とは?

タイ語の参考書などを見ると、

さようなら = ラーゴーンลาก่อน(laa kɔ̀ɔn)

となっていることが多いです。

 

確かにラーゴーンも「さようなら」という意味を持ちますが、

日本語の「さようなら」と完全に同じというわけではありません。

 

goodbye1

 

ラーลา(laa)とは?

ラーには、「別れる」「休む」などと言った意味があります。

明日休むね ⇒ プルンニー チャン ラー ナ
พรุ่งนี้ฉันลานะ(pʰrûŋ níi cʰǎn laa náʔ)

 

タイ人の従業員にこう言われることもあるかと思います。

ラーを使った似た表現でこんなのもあるので注意です。

明日辞めるね ⇒ プルンニー チャン ラー オーク ナ
พรุ่งนี้ฉันลาออกนะ(pʰrûŋ níi cʰǎn laa ɔ̀ɔk náʔ)

ラー オーク ลาออก(laa ɔ̀ɔk) ⇒ 退職する

 

オークが「出る」という意味なのですが、

これがあるかないかで意味が大きく変わるので気をつけましょう。

 

ゴーンก่อน(kɔ̀ɔn)とは?

ゴーンは、「先に」「前に」といったニュアンスを持ちます。

食事をしてから仕事に行く ⇒ キンカーオ ゴーン レーオ パイ タムガーン
กินข้าวก่อนแล้วไปทำงาน(kin kʰâaw kɔ̀ɔn lɛ́ɛw pai tʰam ŋaan)

食事の前に手を洗う ⇒ ラーン ムー ゴーン キンカーオ
ล้างมือก่อนกินข้าว(láaŋ mɯɯ kɔ̀ɔn kin kʰâaw)

(居酒屋などで)とりあえず以上で ⇒ ケー ニー ゴーン カップ
แค่นี้ก่อนครับ(kʰɛ̂ɛ níi kɔ̀ɔn kʰráp)

ラーン ล้าง(láaŋ ) ⇒ 洗う

 

こんな感じで使われます。

 

ラーゴーンとは?

それではラーゴーンに戻りましょう。

ラーが「別れる」、ゴーンが「先に」なので、

ラーゴーンはその場から先に去る人が使う言葉です。

 

自然な日本語に訳すと

ラーゴーン ⇒ 先に帰るねー

という感じですね。

 

つまり、オフィスで先に帰るタイ人に「ラーゴーンナ」と言われても、

こちらが「さようなら」のニュアンスで「ラーゴーン」と言い返すことはできないのです。

 

タイ人が良く使う「さようなら」

ラーゴーンを日常生活で使ってはいけない、というわけではありません。

しかし、タイ人の中には、

ラーゴーン = 今生の別れ

ととらえる方もいます。

 

それでは、タイ人は「さようなら」というニュアンスにどんな言葉を使うのでしょうか?


サワディーカップ/サワディーカー

えっ?と思った方もいらっしゃるかもしれませんね。

サワッディーは、タイ語の「こんにちは」として知られているあいさつです。

実は、サワッディーは様々な意味で利用することができるのです。

 

オフィスから先に帰るときにも、サワッディーカップを使うことができます。

オフィスから先に帰るタイ人に向けても、サワディーカーということができます。

サワッディーสวัสดี(sa wàt dii )は、まさに万能のあいさつタイ語といえますね。

 

定番のタイ語あいさつ「サワディー」の意味は「こんにちは」だけじゃない参照

 

ジューガンเจอกัน(cəə kan)

ジューが「会う」、ガンが「お互い」

ジューガンで「お互いに会う」となりますね。

 

ジュー ガン マイเจอกันใหม่(cəə kan mài) ⇒ また会いましょう

「新しい」のマイを入れることで、

久々に会った友と別れるとき、初めて会った方と別れるときの「さようなら」となります。

ジューガンも、このジューガンマイを省略したタイプだと思われます。

 

また、同じく「会う」の意味を持つポップพบ(pʰóp)を使って

ポップ ガン マイพบกันใหม่(pʰóp kan mài) ⇒ また会いましょう

を利用してもかまいません。

 

プルンニー ジュー ガン ⇒ 明日会いましょう
พรุ่งนี้เจอกัน(pʰrûŋ níi cəə kan)

明日と付け加えることで、オフィスや学校から帰るときの「さようなら」となります。

 

チョークディーโชคดี(cʰôok dii)

チョークディーは、「運がいい」「ラッキー」という意味を持ちます。

英語で言う Good Luck ですね。

日本語にすると、「幸運を祈って」といった感じになります。

 

グッドラックと言われて、「サンキュー」と返したり「あなたもね」と返したりするように、

チョークディーと言われたらタイ語でそれに応えましょう。

 

コップンカー ขอบคุณค่ะ(kʰɔ̀ɔp kʰun kʰâ) ⇒ ありがとう

チェン ガン カップ เช่นกันครับ(cʰên kan kʰráp) ⇒  あなたも

こんな感じです。

チェンガン เช่นกัน(cʰên kan) ⇒ お互いに、同様に 

 

パイゴーンไปก่อน(pai kɔ̀ɔn)

パイが「行く」なので、「先に行く」という意味です。

先に行く ⇒ 先に帰る となりますので、

その場に残る人が使うことができません。

ラーゴーンの日常的なバージョンといったところですね。

 

スムーズなタイ語のさようなら

 

goodbye3

 

それでは、実際にどのように「さようなら」を使ったらいいのでしょうか?

 

先に帰る人
さようなら、先帰るねー
パイゴーンナ、サワディーカー

ไปก่อนนะ สวัสดีค่ะ
(pai kɔ̀ɔn náʔ  sa wàt dii kʰâʔ)
その場に残る人
さようならー、また明日ねー
チョークディーナ、プルンニージューガン
โชคดีนะ พรุ่งนี้เจอกัน

(cʰôok dii náʔ  pʰrûŋ níi cəə kan)
先に帰る人
ありがとう、またねー
コップンカー、バイバーイ
ขอบคุณค่ะ บ๊ายบาย
kʰɔ̀ɔp kʰun kʰâ bye-bye)  

 

こんな感じになります。

これだけ覚えてしまえば、タイ人の友人や同僚とスムーズな「さよなら」ができますよ!
 

こんな記事も読まれてます



category wordlist
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterEmail this to someonePrint this pagePin on Pinterest0Share on Google+0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です