phra

【タイ語発音】これで「パー」の発音は完璧!

タイ語で「布」は{パー}、「森」も{パー}、

「おばさん」にも{パー}を使います。

 

しかし、すべての発音は異なります。

今回は{パー}の発音についてまとめてみました。

 

日本語 タイ語 発音 読み方
導く พา pʰaa そのまま平音
おばさん ป้า pâa 上から下に落とす感じで
ป่า pàa 平音よりも低い位置で
パパ ป๋า 下から上にあげる感覚で
ผ้า pʰâa 息を吐きながら上から下に
ผา pʰǎa 息を吐きながら下から上にあげる
割ける ผ่า pʰàa 息を吐きながら低い位置で
ปลา plaa 平音で「L」の舌で「パー」
お坊さん พระ pʰráʔ 高いところからさらに高く破裂



導くのパーพา

{パー}の中でも日常生活でよく使う単語になるのではないかと思います。

พา(pʰaa)

単体で使うこともありますが、その多くは他の動詞と組み合わせて使われます。

 

連れていく ⇒ パー パイ พาไป (pʰaa pai)

連れてくる ⇒ パー マー พามา (pʰaa maa)

こんな感じで、「行く」や「来る」とセットで覚えておくと便利です。

 

おばさんのパーป้า

近所のおばさんや親せきのおばさんに対して使う単語になります。

ป้า(pâa)

 

こちらもタイ人が使うのを耳にしたことがあるという方も多いでしょう。

何かと組み合わせて使うことが少ないため、

この一語を聞き取ることになります。

 

ソムタム売りのおばさん ⇒ パー カーイ ソムタム
ป้าขายส้มตำ(pâa kʰǎay sôm tam)

あえて組み合わせるとするとこんな感じでしょうか。

 

なお、親戚のおばさんについては、

お父さんのお姉さん、お母さんのお姉さん限定で{パー}を使います。

詳しくはタイ語の血縁関係をマスターしようもご覧ください。

 

森のパーป่า

「森」、「野生」的な意味を持っている{パー}ですね。

ป่า(pàa)

 

例えば、{アーハーンパー}で「野生の料理」ということになりますが、

イノシシやシカなどの肉を使った料理も多いですし、

ゲテモノ好きの方が好きそうな料理を置いてある店もあります。

forest

パパのパーป๋า

お父さんのことは{ポー}と言いますが、{パー}ということもあります。

ป๋า(pǎ)

 

通常はあまり使いませんが、例えばタイにいるイスラム教徒の多くは

{ポー}の代わりに{パー}を使います。

 

近所の仲の良いおじさんや、

何かとおごってくれたりお金を出してくれるおじさんのことをこう呼ぶこともあります。

 

クラブなどの女性オーナーのことを「ママさん」みたいに呼ぶことがありますが、

感覚的にはそれの男バージョンと言ったところでしょうか?

 

布のパーผ้า

日常生活に密接した{パー}の1つなのでしっかり発音したいです。

ผ้า(pʰâa)

 

単体で「布」という意味で使われることもありますが、

組み合わせて使われることも多いです。

 

衣類 ⇒ スア パー เสื้อผ้า(sɯ̂a pʰâa)

洗濯する ⇒ サック パー ซักผ้า (sák pʰâa)

掛け布団、毛布 ⇒ パー ホム ผ้าห่ม (pʰâa hòm)

この辺りは毎日のように登場する単語かと思います。

 

崖のパーผา

名詞の崖のことですね。

ผา(pʰǎa)

 

タイ国内で崖を見に行くようなことはめったにないと思いますが、

もしもの時のために一応覚えておくとよいかと思います。

 

「パパ」の{パー}との発音の違いに気を付けてください。

こちらは有気音となります。


割けるのパーผ่า

「割ける」「割る」的なニュアンスを持つ単語です。

ผ่า(pʰàa)

 

例えば、スイカを割って分けるときなどに、

パー テンモー ผ่าแตงโม(pʰàa tɛɛŋ moo)

と使ったりすることもありますね。

 

魚のパーปลา

 

正確には、{パー}ではなく{プラー}ですが、

タイ人に発音してもらうとほぼ{パー}に聞こえます。

ปลา(plaa)

 

二重子音のLやRの部分は基本的になくなることが多いのです。

二重子音に関しては、二重子音についても参照ください。

 

しかし、元々{プラー}ということを知っていて発声するのと、

単純に{パー}と発声するのとでは全然違います。

{プラー}は、上歯茎に舌をくっつけて発音しましょう。

fish

お坊さんのパพระ

仏教国家であるタイなので、この言葉を聞く機会は多いのではないでしょうか?

พระ(pʰráʔ)

 

正確には{プラ}ですが、例によってRがなくなりますので{パー}に聞こえます。

 

「魚」の{プラー}よりは{プラ}っぽく聞こえるのではないかと思いますが、

タイ語になれていない方は、やはり「パ」と聞こえます。

 

パーの発音まとめ

導くのパーพา
おばさんのパーป้า
森のパーป่า
パパのパーป๋า
布のパーผ้า
崖のパーผา
割けるのパーผ่า
魚のパーปลา
お坊さんのパพระ

 



category wordlist
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterEmail this to someonePrint this pagePin on Pinterest0Share on Google+0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です