チェック、お会計はタイ語でなんていうの?

短期の旅行者でも、タイのレストランや屋台で食事をすることになります。

その際に必ずしなければならないのが「お会計」です。

日本語では「おあいそ」や「チェック」などと言うことが多いですが、

タイ語では何というのでしょう?

 

เช็คบิลล์  チェック ビン(chek bin)

เก็บตังค์  ゲップ タン (kèp taŋ)

คิดเงิน    キット ングン (kʰít ŋən)

 

代表的なのはこの辺りですかね。

意味は基本的に同じです。


チェッ ビン – เช็คบิลล์  chek bin

{チェッビン}は、英語のcheck billからなまったもので、

私たち日本人も使いやすいタイ語の1つです。

billの(L)は、末尾に来るとタイ語のルールで(N)に変わるため、そのまま{チェッビン}です。

この時に、チェックのクをあまり発音しないよう意識すれば完璧です。

 

ゲッ タン – เก็บตังค์  kèp taŋ

เก็บตังค์ゲッタンは、{เก็บゲップ}と{ตังค์タン}の2つに分けられます。

เก็บゲッ(kèp) ⇒ 片付ける、保存する

ตังค์ タン(taŋ) ⇒ お金

お金を片付ける、お金を保存する ⇒ お会計 となるんですね。

 

キッ グン – คิดเงิน kit ŋən

คิดเงินキットングンも、同様に2つに分けることができます。

คิดキッ(kʰít) ⇒ 考える
เงินグン(ŋən) ⇒ お金

お金について考える ⇒ お会計 ですね。



お勘定の使い分け

タイ料理

それでは、それぞれどのような場面で使えるのでしょうか?

 

{チェッビン}は、しっかりとしたレストランで使用するイメージが強いです。

基本的には万能な単語ですが、

田舎に行くと語源のcheck billの意味が通じないこともあるので、

{ゲッタン}を利用することが多いです。

 

逆に、高級レストランで{ゲッタン}を利用することは少ないように感じます。

ただし、厳密な使い分けはないので、

{チェッビン}で通じなければ{ゲップタン}を使うとよいでしょう。

 

ちなみに、คิดเงิน (キッ グン)とเก็บตังค์ (ゲッ タン)は、

それぞれ、เก็บเงิน(ゲッ グン)、คิดตังค์(キッ タン)と入れ替えも可能です。

 

チェッビン・ドゥアイでネイティブタイ語

上記のように、チェックビンだけでもお会計できます

しかし、ด้วยドゥアイ(dûay)を付けることで、よりタイ人っぽくお勘定ができます。

 

ด้วยドゥアイ(dûay)は、一緒にという意味の他にも様々な意味を持っていますが、ここでは

ช่วย~ด้วย(チュワイ~ドゥアイ)‥‥~してください

のチュワイを省略した感じです。

ドゥアイの使い方に関しては、ด้วยドゥアイの使い方を参照してください。

 

チェックビン・ドゥアイ

ゲップタン・ドゥアイ

 

を使ってお会計してみましょう!
 

こんな記事も読まれてます



category wordlist
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterEmail this to someonePrint this pagePin on Pinterest0Share on Google+0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です