waiter

レストランで店員を呼ぶ「すみません」でピーพี่とノーンน้องを使い分ける

旅行者の方も、タイで飲食店に入って食事をとることになります。

最近は日本語の喋れる店員がいる店もあったりするのでコミュニケーションには困らないかもしれませんが、

やはり最低限のタイ語は使いこなせた方が良い気がします。

今回は、そんな中でもレストランで店員さんを呼ぶ際の「すみません」をピックアップしました。


「すみません」と「ごめんなさい」は違う

日本人の感覚では、何か悪いことをした時にも店員を呼ぶ時にも全く同じ「すみません」という単語が使えます。

日本には、「すみません」と同じような意味を持つ言葉がたくさんありますね。

ごめんなさい、申し訳ありませんなどなど、謝罪のための単語は多いです。

しかし誰かに何かを尋ねる際には、基本的に「ごめんなさい」でなく「すみません」を使う方が圧倒的に多いです。

一方で、タイにも「ごめんなさい」に該当する言葉がたくさんあります。

最も代表的な「ごめんなさい」「すみません」が

コートーッขอโทษ(kʰɔ̌ɔ tʰôot)になります。

その他にも

コー アパイ ขออภัย(kʰɔ̌ɔ a pʰay)

コー プラ ターン トーッ ขอประทานโทษ(kʰɔ̌ɔ pra tʰaan tʰôot)

など色々あります。

タイ語の「ごめんなさい」はこんなにもある参照

しかし、人に何かを尋ねるとき、レストランで店員を呼ぶ際に使う「すみません」に、謝罪の意味を持つ単語は使用しません。

 

タイ語で人を呼ぶときの「すみません」の基本

結論から言うと、タイ語では

年上に対しての「すみません」 ⇒ ピー พี่(pʰîi)

年下に対しての「すみません」 ⇒ ノーン น้อง(nɔ́ɔŋ)

これが使われます。

日本語で訳すと「すみません」になるのでしょうが、

タイ語では「すみません」というニュアンスよりも、「お兄さん」「お姉さん」と呼びかけるニュアンスのほうが近いです。

というのも{ピー}は「お兄さん」「お姉さん」という意味を、

{ノーン}は「弟」「妹」といった意味を持っているからです。

 

お兄さん、水ちょうだい ⇒ ピー コー ナンプラーオ ノーイ
พี่ขอน้ำเปล่าหน่อย(pʰîi kʰɔ̌ɔ nám plàaw nɔ̀ɔy)

お嬢ちゃん、お会計してー ⇒ ノーン チェック ビン ナ
น้องเช็คบิลล์นะ(nɔ́ɔŋ chek bin náʔ)

こんな感じで、お兄さんや弟などを呼ぶ際に利用する{ピー}や{ノーン}を使います。

 

日本語の人を呼ぶ「すみません」には謝罪の気持ちなど入っていないことが多いですし、

仮に入っていたとしても「(お手数おかけして)すみません、水ください」みたいな感じで説明がつきます。

店員に水をもらうという当たり前の行為をお願いしているのに謝るというのは、日本独特の文化といえるのかもしれませんね。

実際に、英語も謝罪の「すみません」にあたるのはsorryであるのに対し、

店員を呼ぶ「すみません」はexcuseといった具合にしっかりと分かれています。

 

タイ語も英語と同様に、sorryの意味を持つ{コートーッ}は使われず、代わりに{ピー}や{ノーン}が使われるのです。

しかし、日本人の中にはそれを知らずに店員に向かって{コートーッ}と呼びかけている方が多いのが実情です。

日本の感覚で話してしまうと仕方のないことなのかもしれませんが、

タイ人からすると、あいつなんか謝ってるぞ的な感じになり、自分とは関係ないと見なされることもあります。


使い分けのコツ

基本的には男女関係なく

年上に対しては{ピー}、年下に対しては{ノーン}を使えば問題ありません。

しかし、呼びかけたい対象が微妙な年齢であることもあるでしょうし、{ピー}{ノーン}以外の呼び方もあるのでまとめて紹介していきます。

相手が年下の場合の「すみません」

例えば、30代や40代の方が10代、20代くらいの店員に声をかける場合は{ノーン}になります。

男女関係なく使えるので便利だと思います。

同様に、50代以上の方が30代や40代の店員を呼びたい場合も{ノーン}ですね。

一方の{ピー}は、使ってはいけないということではなく、ちゃんと返事はしてくれるはずです。

相手がかなり年下の場合の「すみません」

こちらも基本的には{ノーン}でかまわないのですが、{ルーク}を使うこともあります。

ルーク ลูก(lûuk)

本来の意味は「息子」や「娘」などの子供を表す単語です。

英語でもおじいさんが若者に話しかける際に、最後にMy sonなどと付け加えたりすることがありますが、これと同じ感覚でいいと思います。

ただし、基本的には{ノーン}を使っておけば問題ありません。

なお、若い女性店員を呼ぶときに限っては{ヌー}を使うこともあります。

相手が年上の場合の「すみません」

こちらは{ピー}ですね。

20代の方が30代を呼ぶ場合、30代の方が40代を呼ぶ場合など様々ですが、

こちらも男女関係なく{ピー}を使います。

相手がかなり年上の場合の「すみません」

同じ年上でも、例えば20代や30代の方が50代、60代などの年の大きく離れた年配を呼ぶ際に{ピー}ではちょっと違和感があります。

おじさん ⇒ ルン ลุง(luŋ)

おばさん ⇒ パー ป้า(pâa)

これを使うのが普通ですね。

しかし、例えば30代の男性が50代くらいの女性店員に「おばさん」などというと、

その女性がイラッとする可能性があるのは日本と同じ感覚です。

相手を見て呼称詞を使い分けるのも重要になってきますね。

微妙な年代が相手の場合の「すみません」

上記の「おばさん」の例同様、この辺りは日本と同じ感覚で{ピー}と{ノーン}を使いこなすべきです。

男性が同い年くらいの女性店員を呼ぶなら{ノーン}のほうがよさげですし、

逆に10歳以上年上に見える女性店員に対しての{ノーン}は微妙な感じもします。

女性同士の場合は、そのあたりが更にシビアになってきそうですが、頑張って使い分けてみてください。
 

こんな記事も読まれてます



category wordlist
Share on Facebook0Tweet about this on TwitterEmail this to someonePrint this pagePin on Pinterest0Share on Google+0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です