when

【接続詞】タイ語で「~の時は」「~した時は」の表現3つ

「プーケットに行ったときに買った」

「バイクに乗るときはヘルメットをかぶる」

 

「~したとき~した」という表現はよく使いますが、

タイ語ではどのように表せばよいのでしょうか?


タイ語で表現できる3つの「~の時」

代表的な言い回しは3つになります。

ウェーラー เวลา (wee laa)

トーン ตอน (tɔɔn)

ムア เมื่อ (mɯ̂a)

 

下記で、この3つの使い方と違いを紹介します。

 

ウェーラーเวลา について

まず、{ウェーラー}単体だと「時間」という意味になります。

ウェーラー เวลา (wee laa)

どれだけ時間がかかりますか? ⇒ チャイ ウェーラー タオライ カ
ใช้เวลาเท่าไหร่ค่ะ(cʰái wee laa tʰâo rài kʰâʔ)

マジで時間の無駄だぜ ⇒ シア ウェーラー チン チン
เสียเวลาจริงๆ(sĭa wee laa ciŋ ciŋ)

こんな感じで、「時間」という意味でもよく使われます。

 

「~する時」という意味で使われる場合は、

文の初め、もしくは文節の初めにきます。

ご飯を食べるときは、いつもテレビを見ます ⇒ ウェーラー キン カーオ ドゥー ティー  ヴィー トゥック ラン
เวลากินข้าวดูทีวีทุกครั้ง(wee laa kin kʰâaw duu tʰii wii tʰúk kʰráŋ)

僕は仕事の時はスーツを着るよ ⇒ ポム サイ スーッ ウェーラー タムガーン
ผมใส่สูทเวลาทำงาน(pʰǒm sài sùut wee laa tʰam ŋaan)

タオライ เท่าไหร่(tʰâo rài) ⇒ 
疑問詞「เท่าไหร่(タオライ)」の様々な表現~いくら?と他の使い方~参照

シア เสีย(sĭa ) ⇒ 壊れる、亡くなる、お金や時間を使う

トゥック クラン ทุกครั้ง(tʰúk kʰráŋ) ⇒ 毎回

 

{ウェーラー}は、基本的に習慣的なことに対して使われがちです。

そのため、「いつも」「毎回」と言った言葉と一緒に使われることも多いです。

「する時」「した時」という意味を幅広く表すことができます。

 

トーンตอน について

{ウェーラー}の習慣的な「する時」と比較すると、

{トーン}は生活の中の一部分で何かを「した時」と言ったところでしょうか。

トーン ตอน (tɔɔn)

子供のころはおじいちゃんと一緒に住んでいた ⇒ トーン ポム ペン デック ユー ガップ プー
ตอนผมเป็นเด็กอยู่กับปู่(tɔɔn pʰǒm pen dèk yùu kàp pùu)

トイレにいた時に電話が鳴った ⇒ トーン ユー ホーン ナーム ミー コン トー マー
ตอนอยู่ห้องน้ำมีคนโทรมา(tɔɔn yùu hɔ̂ɔŋ nám mii kʰon tʰoo maa)

プー ปู่(pùu) ⇒ 父方のお爺さん
タイ語の血縁関係をマスターしよう参照

 

{トーン}は「~した時」以外にも様々なところで登場する単語です。

今 ⇒ トーン ニー ตอนนี้(tɔɔn níi)

初めに ⇒ トーン レーク ตอนแรก(tɔɔn rɛ̂ɛk)

終わりに ⇒ トーンスッターイ ตอนสุดท้าย(tɔɔn sùt tʰáay)

朝に ⇒ トーン チャーオ ตอนเช้า(tɔɔn cʰáo)

 

また、「いつ?」という時には

トーン ナイตอนไหน(tɔɔn nǎi)

が使われることも多いです。

「いつ」といえば{ムアライ}だという方も多いと思いますが、

{ムアライ}が幅広い意味での「いつ」に対して、

{トーンナイ}は「いつ頃」「何時ごろ」となり、

具体的な時間の一部分を聞いています。


ムアเมื่อ について

{ムア}は、主に過去のことを表す際に使われることが多いですが、

たまに未来を表す際にも用いられることがあります。

また、瞬間の「時」として使うこともあります。

เมื่อ (mɯ̂a)

僕が5歳の時に、お父さんが車を買った ⇒ ポー スー ロット ムア ポム アーユ 5 クワップ
พ่อซื้อรถเมื่อผมอายุห้าขวบ(pʰɔ̂ɔ sɯ́ɯ rót mɯ̂a pʰǒm aa yúʔ hâa kʰùap)

入室する時にIDを見せてください ⇒ ショー アイ ディー ムア カーオ ホーン
โชว์ไอดีเมื่อเข้าห้อง(choo ai dii mɯ̂a kʰâo hɔ̂ɔŋ)

クワップ ขวบ(kʰùap) ⇒ ~歳
通常はピーปี(pii)を使いますが、小学校卒業くらいまでは{クワップ}を用いますショー

โชว์(choo ) ⇒ 見せる(英語のshow)

 

{ムア}を使った過去の時間を表す表現はたくさんあります。

昨日 ⇒ ムア ワーン เมื่อวาน(mɯ̂a waan)

昨日は学校をさぼった ⇒ ムア ワーン ポム ドート リアン
เมื่อวานผมโดดเรียน(mɯ̂a waan pʰǒm dòot rian)

ドート โดด(dòot ) ⇒ さぼる

 

昨夜 ⇒ ムア クーン เมื่อคืน(mɯ̂a kʰɯɯn)

昨夜のお酒がまだ残ってるわ ⇒ チャン マオ カーン ジャーク ムア クーン
ฉันเมาค้างจากเมื่อคืน(cʰǎn mao kʰáaŋ càak mɯ̂a kʰɯɯn)

マオカーン เมาค้าง(mao kʰáaŋ) ⇒ 二日酔い
酔っ払いはタイ語で?~マオ เมาを使った表現~参照

 

今朝 ⇒ ムア チャーオ เมื่อเช้า(mɯ̂a cʰáo)

今朝事故った(車にぶつけられた) ⇒ ムア チャーオ ドーン ロットチョン 
เมื่อเช้าโดนรถชน(mɯ̂a cʰáo doon rót cʰon)

ドーン โดน(doon ) ⇒ 受け身
受け身を作るドーンโดนとトゥークถูก「~される」のタイ語参照

 

さっき ⇒ ムア キー เมื่อกี้ (mɯ̂a kîi)

明日が彼女の誕生日だとついさっき気づいた ⇒ 
ムア キー プン ヌック クン マー ダイ ワー プルンニー ペン ワングート フェーン
เมื่อกี้เพิ่งนึกขึ้นมาได้ว่าพรุ่งนี้เป็นวันเกิดแฟน 
(mɯ̂a kîi pʰə̂ŋ nɯ́k kʰɯ̂n maa dai wâa pʰrûŋ níi pen wan kə̀ət fɛɛn)

プン เพิ่ง(pʰə̂ŋ ) ⇒ ~したばかり
ちょうど終わったところです。はタイ語で?เพิ่งプンの用法参照

ヌック クン マー ダイ นึกขึ้นมาได้(nɯ́k kʰɯ̂n maa dai) ⇒ 気が付く、思い出す

 

以前 ⇒ ムア コーン เมื่อก่อน (mɯ̂a kɔ̀ɔn)

昔は、かつては、というニュアンスです。

昔は本当に細かったんだよ ⇒ ムア コーン ポム ポーム チン チン ナ
เมื่อก่อนผมผอมจริงๆนะ(mɯ̂a kɔ̀ɔn pʰǒm pʰɔ̌ɔm ciŋ ciŋ náʔ)

ポーム ผอม(pʰɔ̌ɔm) ⇒ 痩せている

 

先日 ⇒ ムア ワーン ゴーン เมื่อวันก่อน(mɯ̂a wan kɔ̀ɔn)

最近の話をする際に使います。

先日姉が結婚した ⇒ ムアワーンゴーン ピー サーオ テンガーン
เมื่อวันก่อนพี่สาวแต่งงาน(mɯ̂a wan kɔ̀ɔn pʰîi sǎaw tɛ̀ŋ ŋaan)

テンガーン แต่งงาน(tɛ̀ŋ ŋaan) ⇒ 結婚

 

この間 ⇒ ムア レオ レオ ニー เมื่อเร็วๆนี้(mɯ̂a rew rew níi)

1年前であっても、気持ち的には最近という場合に使います。

彼はこの間日本に帰ったよ ⇒ カオ クラップ イープン ムア レオ レオ ニー

เขากลับญี่ปุ่นเมื่อเร็วๆนี้(kháw klàp yîi pùn mɯ̂a rew rew níi)

 

最後に

ちょっと関係ないところで長くなってしまいましたが、

とりあえず「~した時」のタイ語は以上になります。

 

「~の時」をまとめると、

ウェーラー เวลา (wee laa) ⇒ 習慣的なことを表す

トーン ตอน (tɔɔn) ⇒ 期間を表す

ムア เมื่อ (mɯ̂a) ⇒ その瞬間を表す

というような違いがあります。

 

そうなると、

入室するときにIDを見せてください ⇒ ショー アイ ディー ムア カーオ ホーン
โชว์ไอดีเมื่อเข้าห้อง(choo ai dii mɯ̂a kʰâo hɔ̂ɔŋ)

これは入室の瞬間を表すため、{ムア}でなければいけません。

しかし、訪問先で一度っきりIDを見せるのであれば{ムア}ですし、

毎日の習慣として入室するなら{ウェーラー}でもいいですね。

 

タイ人の中でもウェーラー เวลาを使うのが好きな人は{ウェーラー}ばかり使ったりと、

明確に使い分けていない人もいます。

3つを使い分けられる方は使い分けるとよいと思いますが、

とりあえずはよく使う表現が3つある、というように覚えましょう。
 

こんな記事も読まれてます



category wordlist
Share on Facebook1Tweet about this on TwitterEmail this to someonePrint this pagePin on Pinterest0Share on Google+0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です